JR東日本水戸支社は、昨年10月の台風19号で被災し、現在も運転見合わせとなっている水郡線袋田~常陸大子間について、2021年夏頃としていた運転再開目標を前倒しし、2021年3月末までに全線運転再開をめざすと発表した。

水郡線の普通列車

台風19号の影響で一部区間の不通が続く水郡線だが、今年7月に西金~袋田間が運転再開。現在は袋田~常陸大子間で列車の運転を見合わせ、上小川~常陸大子間でバス代行輸送を行っている。

袋田~常陸大子間の運転再開について、これまで2021年夏頃を目標としていたが、復旧工事が順調に進捗していることから、運転再開目標を前倒しすることになった。「2021年3月末までに全線運転再開を目指し、引き続き安全に工事を進めてまいります」と水戸支社。具体的な運転再開日時や運転時刻等は改めて発表するとしている。

復旧工事の進捗状況についても説明。橋脚・橋台の設置が完了し、橋桁の架設に向けた準備作業を進めているところであり、12月から橋桁の架設を実施する予定だという。

#JR東日本 #鉄道災害 #復旧


JR東日本、一部不通の水郡線「2021年3月末までに全線運転再開」へ

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました