WILLER、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、三井住友銀行は20日、日本で初となる鉄道でのVisaのタッチ決済によるキャッシュレス決済サービスを11月25日から京都丹後鉄道で開始すると発表した。

Visaのタッチ決済の利用イメージ

このサービスは、均一運賃(1回券・1日券など)だけでなく、車両のGPSを活用することにより、距離制運賃(距離にもとづき変動する運賃)の決済も可能。海外では広く利用されている鉄道でのVisaのタッチ決済のしくみに、日本国内で求められる高速処理のニーズに対応したシステムを導入し、スピーディーに決済が完了する。

これにより、日頃から利用している乗客に加え、訪日外国人を含む来街者も券売機できっぷを購入する手間がなく、日常的に利用している決済手段がそのまま利用可能となるため、安心かつ簡単・便利に利用でき、公共交通の利便性が飛躍的に向上するという。

第1弾として京都丹後鉄道でサービスを開始。乗車時と降車時、駅・車内に設置された読取端末のVisaタッチリーダーにVisaのタッチ決済対応カード(クレジット・デビット・プリペイド)をかざすだけで、運賃の決済が完了する。利用履歴はウェブサイト(サービス開始時にオープン予定)から確認できる。今後はMaaSアプリや鉄道・バスを含むさまざまな交通サービスへの提供も検討していく。

#気動車 #中小私鉄 #三セク


京都丹後鉄道でVisaのタッチ決済によるキャッシュレス決済サービス

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ