おもちゃのような列車がジグザグに走る! 山を登るインドの鉄道がめっちゃ「近い」です。
インドの鉄道系YouTuber・Harish Kumar氏の動画で、インド北東部にあるダージリン・ヒマラヤ鉄道の様子を楽しめます。
ダージリン・ヒマラヤ鉄道は、紅茶の名産地として知られるダージリン地方を走る登山鉄道です。線路幅は610ミリと狭く、車両も相応に小型なので「トイトレイン」などとも呼ばれます。ちなみにダージリン・ヒマラヤ鉄道は「インドの山岳鉄道群」として世界遺産に登録されていたりもします。へぇぇ。
列車は進行方向を変えて、こちらに向かってきます。ディーゼル機関車は向きを変えず、客車を先頭にした「推進運転」で進んできます。そして列車はすぐ目の前をかすめるように、お構いなしに通ります。「超近い!」。さすがインドってわけではありませんが、珍しい光景で新鮮です。
列車は車掌の誘導で、遮断機のない踏切を通過します。列車にはそこそこ多くの観光客が乗っていて、高地から景色を眺められる大きな窓やゆったりとした座席があることも分かります。
「運行本数や座席が少ないものの、乗りたい人が殺到してチケットが取れない」という話もありますが、テレビのびっくり映像番組などで見かける「驚きのインド乗り」まではこの列車にはないようです。動画で見る範囲では穏やかで優雅です。
進行方向を変えながらジグザグに登っていく方法は「スイッチバック」と呼ばれ、日本でも親しまれます。箱根登山鉄道やJR豊肥本線などにあります。今度スイッチバックを体験したときは、インドのダージリン・ヒマラヤ鉄道も思い出してみてくださいね。

#おもちゃ #紅茶 #親近感 #インド


「ジグザグに走る」「おもちゃみたい」 ダージリン紅茶の名産地を走る鉄道がめっちゃ「近く」て親近感

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は