JR九州と宮崎交通は、宮崎駅高千穂口(西口)の複合商業施設「アミュプラザみやざき」の開業に先立ち、11月19日に駅前広場で「日向夏ポスト」の除幕式を開催する。

宮崎駅高千穂口(西口)の駅前広場に「日向夏ポスト」が設置される

「アミュプラザみやざき」は、宮崎駅大型再開発プロジェクトで誕生する複合商業施設。駅高架下の「ひむか きらめき市場」は10月14日に開業しており、高千穂口(西口)の「うみ館」「やま館」は11月20日に開業を迎える。

これに合わせて、JR九州と宮崎交通はJA宮崎経済連の協力を得て、発見から200年を迎えた果物「日向夏」をモチーフにした「日向夏ポスト」を制作。江戸時代に宮崎市で発見されて以来、長く県民に愛されてきたことから、宮崎駅や「アミュプラザみやざき」のシンボルとして末永く愛されるようにと、駅前広場への設置を決めた。

除幕式は11月19日13時から、宮崎駅高千穂口(西口)の駅前広場で開催。関係者による挨拶に続いて「日向夏ポスト」に掛けた布を取り払い、記念撮影で締めくくる。なお、当日は来場者に「サンA日向夏ジュース」を配布するという。

#駅 #JR九州


JR九州・宮崎交通、宮崎駅の駅前広場に「日向夏ポスト」除幕式開催

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました