JR東日本千葉支社は18日、両国駅臨時ホームと特急「成田エクスプレス」の車両E259系を活用した臨時シェアオフィス「N’EXでテレワーク!」の実証実験を11月27・28日に実施すると発表した。

特急「成田エクスプレス」の車両E259系の外観(JR東日本千葉支社提供)

JR東日本では、「働き方改革」を含めた社会的課題に取り組むべく、駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」の拡大を図っており、千葉支社管内においても11月27日から順次開業予定となっている。今回の実証実験は、その取組みの一環として、両国駅臨時ホームと「成田エクスプレス」車両を活用した臨時シェアオフィスの開設を通じ、既存の枠にとらわれない新たな価値やサービスの提供について検証する。

実証実験「N’EXでテレワーク!」では、11月27・28日の10~16時(最終受付は15時45分)に、両国駅3番線(臨時ホーム)に停車した「成田エクスプレス」車内をテレワーク空間として活用。コンセントが設置されている席で電源を利用できるほか、Wi-fiも使用可能(通信状況により利用に適さない場合がある)で、携帯電話やスマートフォンなどで通話する際は車両のデッキを利用することになる。

E259系の車内(JR東日本千葉支社提供)
「N’EXロゴ入りマルチクロス」(JR東日本千葉支社提供)

利用する際、事前に「STATION WORK」ウェブサイトでの会員登録や予約が必要で、予約した本人以外は利用できない。利用料金は15分間100円となっており、利用者限定の記念品「N’EXロゴ入りマルチクロス」がプレゼントされるほか、対象店舗にて特別サービスを受けることができる。

なお、千葉支社管内ではボックスタイプのシェアオフィス「STATION BOOTH」を千葉駅に4台、幕張本郷駅に2台、船橋駅に2台、西船橋駅に3台、海浜幕張駅に3台、新浦安駅に2台設置し、11月27日に開業予定となっている。

#JR東日本 #空港アクセス鉄道 #電車 #特急列車 #駅


JR東日本「成田エクスプレス」E259系でテレワーク、両国駅で実施へ

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました