JR東日本東京支社は17日、関係自治体の協力の下、2021年度に常磐線(各駅停車)では初というホームドアを7駅に導入すると発表した。

中央・総武線(各駅停車)亀戸駅に設置されたスマートホームドア

JR東日本では、利用者と列車の接触や線路への転落を防止する対策として、新たな技術を積極的に活用し、ホームドアの整備を推進している。

常磐線(各駅停車)では、2021年度に7駅でホームドアを導入予定。馬橋駅は2021年7月頃、北小金駅と北松戸駅は2021年10月頃、南柏駅と柏駅、北柏駅は2021年12月頃、新松戸駅は2022年2月頃の使用開始を予定している。

中央・総武線(各駅停車)千駄ケ谷駅に設置された従来型のホームドア

各駅とも1・2番線に導入を予定しており、馬橋駅、北小金駅、北松戸駅、南柏駅、北柏駅にはスマートホームドア、柏駅、新松戸駅には従来型のホームドアを設置。2022年度以降、常磐線(各駅停車)の取手駅、天王台駅、我孫子駅、松戸駅、金町駅、亀有駅でもホームドアの整備が予定されている。

スマートホームドアは、従来型のホームドアと比べて扉部をフレームで構成したシンプルな構造で、内部機構を簡素化することにより、軽量化を実現。耐荷重と検知機能については、従来型ホームドアとスマートホームドアに変わりはないとのこと。

#ホームドア #駅 #JR東日本


JR東日本、常磐線(各駅停車)にホームドア – 2021年度は7駅で導入

関連記事

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど