JR東日本盛岡支社は16日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた各種対策のひとつとして、対象の5駅において新幹線の利用者にアルコールウェットティッシュを配布すると発表した。期間は11月21~23日を予定している。

駅での提供風景イメージ
提供するお手拭きシート(裏面)
提供するお手拭きシート(表面)

盛岡支社が実施する新幹線利用者へのアルコールウェットティッシュの配布は、今年8・9月に続いて3回目。一ノ関駅、北上駅、盛岡駅、八戸駅、新青森駅の5駅を対象に、各駅の新幹線改札付近にカゴなどを設置し、配布する。なくなり次第終了となる。

#新幹線 #JR東日本 #駅


JR東日本盛岡支社、新幹線5駅でアルコールウェットティッシュ配布

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など