三菱重工エンジニアリング(三菱重工グループ)はこのほど、ゆりかもめの全自動無人運転車両7500系について、8編成48両の納入を完了したと発表した。

ゆりかもめ7500系

7500系は、「臨海部を彩る新しい風」をコンセプトに、より未来的な風景を生み出すフェイスデザインを採用し、車内の利便性と快適性を向上。軽量で高い耐久性とリサイクル性を備えたオールダブルスキンアルミ構体を採用し、揺れを低減して乗り心地を向上させた台車「T-smover」、快適な座り心地を提供するセミハイバックバケットシート「G-Fit」を搭載した。

有人運転と無人運転の識別のため、車両の前面に青色LEDによる発光式自動運転灯を装備。車内には案内表示装置を全扉上に2画面設置するなど、車内外に新たなトレンドを盛り込んだ。

三菱重工エンジニアリングは、三菱重工時代の2010年に、開業当時から運行する7000系の後継となる7300系(計108両)をすべて受注し、2016年6月に納入を完了した実績を持つ。7500系は7200系の後継車両として2016年9月に受注したもので、第1編成は2018年11月に営業運転を開始した。8編成すべての納入を完了したことで、ゆりかもめの車両はすべて同社製となった。なお、7200系は10月14日をもって運行を終了している。

#車両新造 #改造 #鉄道車両メーカー #新交通システム #電車


ゆりかもめ7500系、全8編成の納入完了 – 三菱重工エンジニアリング

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ