JR東日本は、「Suica」など交通系ICカードの入金残額で新幹線の普通車自由席を利用できる「タッチでGo! 新幹線」のエリアを拡大すると発表した。これにともない、新幹線回数券などの販売を2021年6月末までに終了する。

JR東日本が「タッチでGo! 新幹線」のエリアを拡大

「タッチでGo! 新幹線」は、事前に乗車券・特急券を購入することなく、交通系ICカードの残額で新幹線に乗れるサービス。2021年春のダイヤ改正日から、東北新幹線那須塩原~盛岡間と盛岡~新青森間、秋田新幹線盛岡~秋田間、山形新幹線福島~新庄間、上越新幹線上毛高原~新潟間と越後湯沢~ガーラ湯沢間、北陸新幹線安中榛名~上越妙高間の各区間をサービス対象エリアに加える。

エリア拡大に合わせ、拡大したエリア内での発着で利用額が同じ区間を「タッチでGo! 新幹線」で2回以上利用すると、2回利用するたびに1回分の利用額の10%を「JRE POINT」で還元するキャンペーンを行う。期間はエリア拡大日から3カ月間とされている。

「タッチでGo! 新幹線」のエリア拡大にともない、新幹線回数券などの特別企画乗車券は販売終了となる。自由席タイプの「新幹線Wきっぷ(2枚つづり)」「定期券用新幹線自由席回数券(6枚つづり)」「新幹線料金回数券(4枚つづり)」「えちご料金回数券(新幹線用:新潟~長岡4枚つづり)」の4種類は2021年3月31日で販売を終了。指定席タイプの「新幹線回数券(普通車6枚つづり)」「こまち4枚回数券(普通車4枚つづり)」も2021年6月30日で販売を終了する。

#新幹線 #JR東日本 #交通系ICカード #Suica #PASMO #ICOCA #電車


JR東日本「タッチでGo! 新幹線」エリア拡大、新幹線回数券は廃止

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転