春と秋に人里離れた駅を巡るJR東海の人気観光列車「飯田線秘境駅号」が10周年を迎え、13日、秋の運行が始まった。新型コロナウイルスの影響で今春の運行が中止され、この日を待ちわびた鉄道ファンらが早速乗り込んだ。

飯田線は、豊橋駅と辰野駅(長野県辰野町)間の約196キロを結ぶ。秘境駅号は、鉄道以外ではたどり着くのが困難な複数の「秘境駅」に停車しながら、約6時間かけて走る。

うっそうとした森に囲まれた伊那小沢駅(同県天龍村)では、ホームに降り立った乗客らが、紅葉した山々の景色を楽しんだ。

京都市の会社員の男性(33)は「天気も良く、色づいた山の木々や、西日の中でくっきりと浮かび上がる山の姿が楽しめた」と話していた。

14、15、21、22日にも運行予定だが、予約でほぼ満席という。

#秘境駅 #再開 #JR東海 #観光


「秘境駅」巡る6時間の旅、待ちに待った再開

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!