来年春のダイヤ改正で首都圏から郊外に向かう各路線の終電が繰り上げられる。JR東日本では山手線や中央線、京浜東北線などで終電が30分ほど、小田急電鉄でも20分ほど早くなり、西武鉄道も来春から池袋線や新宿線で最大30分ほど繰り上げるという。

鉄道会社が終電の大幅な繰り上げという大転換に踏み切ったのにはワケがある。

 

©iStock.com
 

 

それは生活様式の変化だ。コロナによって在宅ワークが普及し始めたことで、終電ギリギリまで働いたり飲んだりする人が一気に減少。JR東日本ではコロナ以前に比べて深夜帯の利用客が6割も減少し、この傾向は今後も続くという。終電が早まれば困る人も出てくるが、もはや午前1時まで電車を走らせる時代ではないと判断されたようなのだ。

しかし、そう聞くと終電の時間を気にして飲んでいた日々が懐かしくもなってくる。誰にでも「あのときは終電に乗り遅れて大変だった」という経験があるもの。そんなとき始発の時間までどう過ごしていたのか。終電には乗れたものの、寝過ごしてまったく知らない駅まで行ってしまったことは? そうした終電後の悲喜こもごもを集めてみた。

(取材・文=押尾ダン/清談社)

◆◆◆

終電を逃したサラリーマンの聖地・グリーンプラザ

まず終電に乗り遅れた後に多くの人がどこで何をしていたかを紹介しよう。

「昔は職場の仲間と飲んだり接待したりで、毎日終電で帰っていました」と懐かしそうに話すのは、西新宿に本社のある大手企業に勤務するAさん(51歳、男性)だ。

「私が住んでいるのは中央線・総武線沿線の郊外なんですが、新宿駅の終電は中央線三鷹行が午前1時01分とかなり遅い。それで油断してしまうこともあり、よく終電に乗り遅れました。そんなときに利用していたのがグリーンプラザです」(Aさん)

グリーンプラザとは、かつて西武新宿駅近くにあったカプセルホテル&サウナ「グリーンプラザ新宿」のこと。惜しまれながら4年前に閉館してしまった名物サウナだ。Aさんいわく「新宿で終電を逃したサラリーマンなら誰でも一度は利用したことがある」というほどの有名スポットで、バブル期にはカプセルホテルがよく満室になっていたという。

「なぜ終電に乗り遅れた人に人気だったのかというと、まずカプセルホテルの宿泊料金が安かったからです。私が20〜30代のころは1泊3000〜4000円でした。その値段で個室に泊まれて、サウナや露天風呂、ジャグジーも利用することができた。当時は、個室に設置された小型モニターでアダルトビデオが見放題という謎のサービスもありました。

さらに助かったのは、午前4時までに受付すれば翌朝8時に仕上げてくれるクリーニングサービスがあったこと。いったん家に帰ってヨレヨレのワイシャツを着替えなくてもそのまま会社に行くことができたんです。漫画喫茶がなかったあの時代、グリーンプラザは終電に乗り遅れたサラリーマンの聖地のような場所でした」(Aさん)

女子は「相席居酒屋」で始発まで時間をつぶした

男性がカプセルホテルやサウナなら、若い女性が終電に乗り遅れた後に立ち寄った定番スポットは相席居酒屋だ。アパレルメーカーで働くBさん(28歳、女性)は「学生のころは終電を逃すといつも相席居酒屋で朝まで時間をつぶしていた」と語る。

「私の学生時代は相席居酒屋の全盛期で、繁華街には複数の店舗があった。男性客と相席になる代わりに女性は無料になり、ご飯も食べられるので、お金のない学生が始発の時間までいるには最高の場所だったんです。しかも、私は埼玉の奥のほうに住んでいるので終電が23時台と早い。たぶん月2〜3回は相席居酒屋に行っていましたね。

それに、終電が出てしまうと駅周辺でナンパが激増するので、それがウザいから相席居酒屋に避難するという意味もありました」(Bさん)

同じく女性ならではの終電後のスポットに初回無料のホストクラブがあった。事務職をしているCさん(30歳、女性)は、「ホストに『初回無料だからおいでよ! 帰れないなら朝までいてもいいよ』と声をかけられて一度行ったことがある」という。

「大江戸線は地下鉄のなかでは終電が遅いんですけど、学生時代に六本木で友だちと飲んでいたらタッチの差で光が丘行きの終電に乗り遅れてしまって。そうしたら六本木交差点付近でチャラいホストに声をかけられたんです。ホストクラブなんて行ったことはないし、初回無料も怪しいと思ったんですが、酔っていたこともあり勢いで……。

実際に行ってみると、ホストクラブ名物のコールを教えてくれたりして楽しいし、お酒も飲み放題。始発まで5時間ほど店にいたんですが、本当に無料でした。ホストクラブに行ったのはそのときだけだったんですけど、終電が早くなるというニュースを聞いたときはあのチャラいホストを思い出しました。『あいつ、いいやつだったな』って」(Cさん)

数万人が終電に乗り遅れた伝説のイベント

普通なら終電を逃すのは個人の事情によるものだが、イベントが長引いたせいで「数万人規模の人々がいっせいに終電に乗り遅れる」という事態が起きたこともある。

「その事件が起きたのは、1994年11月20日に東京ドームで開催された女子プロレスの伝説的なビッグイベント『憧夢超女大戦』でのことでした」と話すのは、個人でネット販売を手がけるDさん(49歳、男性)だ。その日の様子をこう振り返る。

「当時は女子プロレス人気が絶頂だった時期。そのため1日に22試合ものカードが組まれ、4万人以上の観客が詰めかけました。でも、22試合というのは1日に消化できる試合数ではない。案の定、開始時間がどんどん遅れ、このままでは終電に間に合わないと悟った観客から『早く進めろ』とブーイングが起き始めたんです」(Dさん)

それでも主催者は進行を早めようとせず、最終的に全試合が終わったのはなんと午前0時過ぎのこと。もっとも、0時過ぎのこの時点では、東京ドームの最寄り駅である総武線の水道橋駅、丸ノ内線の後楽園駅などでまだ電車が走っていたという。

「試合が終わったからといってすぐに電車に飛び乗れるわけではありません。数万人がドームから退場するにはものすごく時間がかかり、駅までの道のりも混雑する。おそらく半数以上の観客が終電に乗り遅れてしまったのではないでしょうか。僕らは朝まで居酒屋で飲みましたけど、ドームの敷地内で野宿した人もかなりいたようです」(Dさん)

深夜営業のファミレスは帰宅難民のオアシス

また、終電といえば誰でもやってしまいがちなのが忘れ物だろう。「ヤバい、終電に間に合わない!」とあわてて走ったために携帯電話をどこかに忘れたり、終電の車内に仕事用のカバンを忘れて帰ってしまったりと、こういうことは非常によくある。

メーカー勤務のEさん(32歳、女性)は「私は上着のコートと家の鍵を直前に飲み会していた店に忘れて帰ってしまったことがあります」と苦笑いする。

「終電にギリギリ間に合ってホッとしていたら、急に不安感に襲われたんです。『何か大切なものを店に忘れてきたかもしれない』と。すると、店に入るまで着ていたコートをいま着ていないことに気がついた。まだ秋口だったのでコートはなくても大丈夫だったんですけど、問題はコートのポケットに入れていたマンションの鍵でした」(Eさん)

コートを取りに戻りたくても上り電車はなく、終電後なので取りに行けたとしても帰ることはできない。おまけに自宅最寄り駅周辺には漫画喫茶すらなかったという。

「『これは詰んだな』とあきらめかけたとき、少し歩いたところにファミレスのジョナサンがあることを思い出したんです。すかいらーくグループのファミレスは今年5月から全店で深夜営業を廃止したそうですけど、深夜営業のありがたさは帰宅難民になった者にしかわからない。あのときのジョナサンの“温かさ”は忘れられません」(Eさん)

終点の高尾山口駅で起こされて「ここはどこ?」

しかし、なんといっても終電で恐ろしいのは、酔って車内で爆睡してしまい、駅員に起こされて周囲を見渡したら「ここはどこ?」の状態になることだ。中央線の高尾駅、京王線の高尾山口駅、東武日光線の南栗橋駅などが“危険な駅”として知られている。

広告会社の営業のFさん(45歳、男性)は20代のころ、泥酔状態で京王線の終電に乗ってしまい、高尾山口駅で駅員に起こされて途方に暮れたことがあるという。

「当時はまだ就職する前で、千歳烏山の友人の部屋に居候し、歌舞伎町のキャバクラでボーイのバイトをしていました。店にはラムちゃんという子がいて、従業員とキャストとして仲良くしていたんです。ある日、ラムちゃんとご飯を食べる機会があったんですが、彼女はお酒を飲めないのに僕はベロベロに酔っ払ってしまって。それでもなんとか京王線の終電に乗ることはできました。

でも、起きたら『終点』『高尾山口』という車内アナウンスが聞こえる。僕は東京に出てきて間もなかったので、高尾山口と聞いてもどこかわからない。『ここどこ?』と思いながら改札を出ると、当時はまだ白タクがたくさんいて、運転手たちがガンガン営業してくるんです。『なにこれ? めっちゃ怖い』と、もうパニックですよ」(Fさん)

そこでFさんが思い出したのが、先ほどまで一緒にいたラムちゃんだったという。ラムちゃんは多摩西部の福生市に住んでいて、都合がいいことに車も所有していた。

「東京の地理がわからないといっても、千歳烏山より福生のほうが高尾山口に近いということぐらいわかる。いま考えると福生もけっこう距離があるんですけど。とにかく藁にもすがる思いでラムちゃんに電話し、『寝てたら高尾山口っていう駅で降りちゃって。帰れなくてマジで困っているんだけど、迎えに来てくれないかな』とお願いしたんです。

すると、なんと『いいよ』と言ってくれて、ラムちゃんの部屋に泊めてもらえることになったんですよ。そのうえ、お互い恋愛感情は全然なかったんですが、なんとなく“そういう空気”になり……。災い転じて福となすとはこのことだと思いました」(Fさん)

◆◆◆

いま、忘年会シーズンには中央線の高尾駅からは八王子駅まで送り戻す「寝過ごし救済バス」が走り、沿線の終点となる各駅には漫画喫茶などができたところも多い。

もはや終電に乗り遅れても終点まで行ってしまっても昔ほど困らないのだが、新しい生活様式によって終電そのものが存在感を失いつつあるのは皮肉としか言いようがない。また以前のように終電の時間を気にしながら飲める日はやって来るのだろうか。

(清談社)

#終電 #泥酔 #エピソード #ダイヤ改正


「グリーンプラザは“聖地”」「泥酔して起きたら高尾山」懐かしの終電エピソードを振り返る

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用