JR東日本は、エキナカで事業運営を行うJR東日本リテールネット、JR東日本フーズ、JR東日本ウォータービジネス、鉄道会館の4社を合併すると発表した。新社名は「JR東日本クロスステーション」となる。

JR東日本グループ4社の統合イメージ

新会社の発足は2021年4月1日の予定。各社の持つ経営資源を結集し、業態の垣根を越えた新規業態の開発や店舗の最適配置、横断的マーケティングの推進などをめざす。統合によるデータ一元化により、エキナカ全体の利用状況をより鮮明に把握し、「お客さまとのつながりを強化することで、新しいサービスや価値を創造する」という。

新会社は社内カンパニー制を導入。リテールカンパニー、フーズカンパニー、ウォータービジネスカンパニー、デベロップメントカンパニーの4カンパニーを設置し、環境変化にスピード感を持って対応できる体制をめざす。

#JR東日本


JR東日本、エキナカ事業4社合併「JR東日本クロスステーション」に

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など