JR東日本とセントラル警備保障は13日、新幹線車内を巡回する警備員がウェアラブルカメラを装着し、異常発生時にライブ映像を確認しながら遠隔で後方支援を行い、迅速かつ的確に対応することを目的とした実証実験を11月17日から実施すると発表した。

ウェアラブルカメラを装着した警備員イメージ(JR東日本提供)

実証実験では、警備員が胸部にカメラを装着し、撮影しながら車内を巡回する。同時に、走行する新幹線車内での通信状況などの確認や、新幹線車内で撮影に適さない場所などの確認も行われる。

車内で撮影した映像データは、今回の実験における利用目的の範囲のみで使用され、第三者に提供されることはないとのこと。取得した映像データから乗客個人を特定することはなく、終了後は速やかに消去する。

警備員胸元のウェアラブルカメラ(JR東日本提供)

実験エリアは、東北新幹線の東京~盛岡間、上越新幹線の東京~新潟間、北陸新幹線の東京~長野間。実験は11月17日から12月7日まで行われる。

#JR東日本 #新幹線 #電車 #鉄道技術


JR東日本の新幹線車内警備にウェアラブルカメラ、実証実験を実施へ

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ