JR西日本は13日、駅のホームの安全性向上をめざし、設置工事を進めてきた広島駅11番のりばの新幹線ホーム柵を12月1日から、高槻駅4番のりばの可動式ホーム柵を11月27日からそれぞれ使用開始すると発表した。

岡山駅に設置された新幹線ホーム柵
JR総持寺駅に設置された可動式ホーム柵

広島駅では、山陽新幹線の博多方面の列車が停車する11番のりばに、高さ約1.35m、最大開口約5.7m(開閉ストローク)、柵延長約400mの新幹線ホーム柵を設置。12月1日の始発列車から使用開始する。

高槻駅では、おもに大阪方面の普通列車が発着するJR京都線4番のりばに、高さ約1.35m、最大開口約3.3m、柵延長約140mの可動式ホーム柵を設置。11月27日の始発列車から使用開始する。

#ホームドア #駅 #新幹線 #JR西日本


JR西日本、広島駅11番のりば&高槻駅4番のりばホーム柵使用開始へ

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は