#太川陽介 と村井美樹が出演する「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅6 〜信州縦断!紅葉の旅〜」が11月11日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された。

同シリーズは太川がリーダーを務める路線バスチームは路線バスだけ、村井が率いる鉄道チームは鉄道だけを利用して、目的地を目指す人気の旅企画。毎回、僅差の熱い戦いが繰り広げられることから、わずか6回目にして早くも人気になっている。

SNSに上げられた声を見ると今回も好評のようだが、中には「観てて不愉快だったのでテレビ消した」「番組が台無しになった」と珍しくブーイングも出ている。怒りの矛先が向けられたのはお笑いコンビ「 #パンクブーブー 」の黒瀬純。態度の悪さに批判が殺到しているのだ。

「この乗り継ぎ対決旅は毎回、お笑い芸人がキャスティングされ、ダメダメっぷりを発揮します。これまで #チャンカワイ#フルーツポンチ#村上健志 、内山信二、スギちゃん、アルコ&ピースの平子祐希などが出演し、メンバーの足を引っ張ったり、クズ発言をしてきました。旅に波乱を起こしたいという制作サイドの思いがあるのでしょう。今回、その役割を担ったのが黒瀬ですが、あまりに態度がひどかったため、大ブーイングになっているんです」(テレビ誌ライター)

黒瀬は鉄道チームのメンバーとして出演。スタート直後から偉そうな態度をしていた黒瀬だが、最もひどかったのは2日目。3番目のチェックポイントである長野県のよませ温泉でのこと。

ここでのミッションは超絶景の露天風呂を堪能するというもの。この後の電車の時間を考えると、入浴時間は30分ほどしかない。約束の時間になっても黒瀬は風呂から出てこず、リーダーの村井をヤキモキさせた。

「結局5分遅れで出てきたのですが、遅れた理由が笑ってしまいました。肌が弱いので風呂上がりにスキンケアをしていたというんです。だったらそれを見越して風呂から上がるのが普通だと思いますが、黒瀬は違うようですね。まずここで視聴者からブーイングが上がっています」(前出・テレビ誌ライター)

黒瀬が遅れたことで、電車の時間がギリギリに。一行は山を駆け下り、駅を目指す。道中、黒瀬は「足が痛い」と不満ばかり。ももいろクローバーZの高城れにが「走れ、走れ」と応援の歌を歌うと、「嫌になってきた走るの」「走っとるわい。足痛いのに。喝入れやがって」とガチギレ。結局、鉄道チームは黒瀬のせいで列車を乗り過ごすことになった。

「黒瀬は足を痛めたことで早く歩けなくなり、そこを急がされたので走るしかなく、走ったことで足をくじいたと言い訳をしていました。そもそも足を痛めたのは黒瀬が歩きに向かない靴を履いてきたから。おしゃれが大切な俳優ならまだしも、お笑い芸人がテレ東の旅番組にそんな靴を履いてくるなんて論外ですよ。それに足が痛いというのも本当なのかあやしいものです。スタッフからテーピングしてもらい、痛み止めを飲んだらすぐ普通に歩いていましたからね。村井と高城も不審に思ったのか、『歩いてるじゃないですか!』と指摘していました」(前出・テレビ誌ライター)

その後も偉そうな態度を取り続けた黒瀬純。旅の終盤で高城がまた「走れ」を歌って応援すると、キレ気味に「とうの昔に止まったわ笑顔」「走ってるつーの」と言い放つ始末。

ここまで視聴者に嫌われる旅人は初めて。彼がテレ東旅番組に出ることはもうないかもしれない。

#バス #追放 #路線バス #太川陽介


「バス旅」追放!?パンブー黒瀬、「不愉快」指摘を食らった“偉そうな態度”

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました