山陽電気鉄道は、開館60周年を迎えた明石市立天文科学館とのコラボレーションにより、オリジナルキャラクター「軌道星隊シゴセンジャー」など天文科学館の要素を取り入れた直通特急「シゴセンゴー」を11月14日から運行する。

山陽電気鉄道が直通特急「シゴセンゴー」を運行

直通特急「シゴセンゴー」は11月14日から12月18日まで、阪神電気鉄道の大阪梅田駅から山陽姫路駅までの区間を運行。大阪梅田方と姫路方で異なるデザインのヘッドマークを掲出するほか、「軌道星隊シゴセンジャー」や「シゴセンオー」をデザインしたドア横ステッカーを掲出する。

「軌道星隊シゴセンジャー」は、時と宇宙を守るヒーローとして、悪役・ブラック星博士とクイズで戦いながら、時や子午線、星空や宇宙のことを伝える。「シゴセンオー」は天文科学館の時計塔が変形するロボットで、怪獣や隕石から地球の平和を守るという。

ヘッドマーク(大阪梅田方)
ヘッドマーク(姫路方)
ドア横ステッカー

「シゴセンゴー」の運行期間中、山陽電気鉄道のホームページにて、主要駅の出発時刻を掲載予定としている。

#山陽電気鉄道 #電車 #子鉄 #阪神電気鉄道


山陽電気鉄道「シゴセンゴー」明石市立天文科学館とのコラボで運行

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用