天竜浜名湖鉄道は11月19日から、ラッピング列車「Honda Cars号」を運行する。静岡県Honda Carsとの合同企画により、今秋フルモデルチェンジするホンダの軽自動車「N-ONE」を車体全面にラッピングする。

ラッピング列車「Honda Cars号」デザインイメージ

運行初日の11月19日は、天竜二俣駅3番線にて、10時25分から出発式を開催。式終了後、同駅11時6分発、宮口行の臨時列車として関係者向けの貸切運転を行う。11月20日は運休し、11月21日から通常の運用に入る予定。その後は毎週、翌週の運行予定を同社サイトで公表する。

#気動車 #中小私鉄 #三セク


ホンダ「N-ONE」ラッピング、天竜浜名湖鉄道「Honda Cars号」運行

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など